我が家は勝手口の鍵にもとことんこだわってます

katteguchi_kagi皆さんの自宅、勝手口の鍵はどのようなものがついているでしょうか。勝手口も家の外に面していますし、人が出入りするのに十分な大きさがある戸です。それなのに、なぜか玄関に比べて簡素だったり頼りになるとは言い難い鍵が使われていたりして、少し疑問を覚えます。勝手口も玄関も、外と家を隔てる戸に変わりはないのですから、玄関の鍵にこだわるのであれば勝手口の鍵にもこだわるべきなのです。

そんな我が家は、もちろん勝手口の鍵にもとことんこだわっています。とはいえ、ドアの構造や規模の関係もありますから、あまりにも大掛かりな鍵は付けることができません。それに、勝手口はゴミを出したりちょっと外に行く時に使ったり、キッチンから出て何かをしたい時に使う戸ですから、何か鍵となるものを持ち歩くのは利便性に欠けてしまいます。そのうえで十分な防犯性があり、鍵もしっかりと閉まってくれるものとして、我が家では暗証番号式の鍵を導入しました。暗証番号式であれば、わざわざ鍵を外へ持って行く必要もありません。それに、戸が閉まれば鍵も自動でかかるようになっていますので、ちょっと勝手口から出てそこから離れてしまっても安心です。その上、もし玄関の鍵を忘れてしまった時であっても、暗証番号さえ覚えていれば勝手口から入ることもできるので、万が一閉め出されてしまっても大丈夫ですね。暗証番号式は番号さえ知られなければ安全性の高いものですし、玄関にも見劣りしていません。なんなら、玄関ドアにも暗証番号式の鍵を導入したいくらいです。

勝手口は、決してメインの戸ではありません。しかし、玄関は開けられなくても勝手口を開けることができれば、侵入は可能です。それをよく理解したうえで勝手口の鍵を考えて、尚且つ家主の利便性を損なわない鍵。それが勝手口につけるべき鍵だと私は思います。