鍵を思い切ってカードキーに変えてみた

card_key最近錠前システムを検討していたのですが、いろいろ悩んだ末に思いきってカードキーに変えてみました。私がカードキーにした最大の理由は、ピッキングといった不正解錠では全く歯が立たないというその強力なセキュリティーレベルに惹かれたからなのです。おまけに、街の鍵屋さんでは合鍵すら複製することができないのです。また、既存のシリンダー錠が簡単にカードキーに早変わりするという手軽さもありました。ちなみにカードキーは、賃貸物件やホテルなどにも最近数多く利用されているようですね。そのことについても何かしらカードキーには特別なメリットがあるのではないか?と思い調べてみることにしました。その結果分かったことは、入退去ごとに錠前を交換する必要がないという画期的な錠前システムでもあるようなのです。

ところで、鍵の役目をしているカードの方についてですが、免許証やクレジットカードと同じようなサイズになります。このカードには、バーコードなどが刻印されており、それを錠前本体が読み取ることによって解錠の判断をするような仕組みになっています。従って対応しているコードの場合には、ドアが解錠されるようになっています。しかも、私のように忘れ物が多い人間でも、鍵を掛け忘れて出かけてしまうというミスをカバーしてくれるのです。要するにカードキーの場合においても、電子錠と同じようにオートロックシステムになっているのです。もちろん、通常の鍵と同じようにどこか道に落としてしまうという可能性もあるでしょうね。ただしカードキーの場合には、免許証と同じようなサイズなので財布の中に仕舞っておくことができるのです。しかも、出掛ける際には必要ないので、帰宅して解錠する時にだけカードが必要になるので、財布の中から取り出して解錠します。ということで、カードキーはセキュリティー面だけでなく、機能的にも大変便利な施錠システムであるといえるでしょうね。