「こんな鍵があったら!」近未来に実現しそうなハイテクな鍵のお話

haiteku_kagi「こんな鍵があったら!」といった近未来に実現しそうなハイテクな鍵についてですが、すでに自動車に搭載されているような電波で鍵が解除されるという施錠システムが、一般家庭にも普及するといいな!と私自身は思っています。例えば、リモコンなどで鍵前に電波を送る仕組みになっているものです。その電波についても、暗号化されており他人には解読不可能というレベルであれば、空き巣にとってもドアのこじ開けとか、窓ガラスを割るという強引な策しか講じることができないでしょうね。

そうした施錠システムというのは、すでに自動車や一般家庭の電気錠などには採用されるようになってきています。ただしそれだけでは、近年の強盗団の手口に見受けられるような扉を破壊したり、窓ガラスを割って住居に侵入するという荒業には対抗できないでしょうね。ハイテクな鍵ということに関連する話であれば、そんな暴力的で手荒な犯罪者には、セコムに飛んできてもらうよりも、自衛策として家の敷地内に窃盗団はもちろんですが、猫やイタチでさえもわずか一歩でも侵入しようものならば、焼き殺されてしまうというようなレーザー光線でも張り巡らしておくしか対策はないでしょうね。焼き殺される程の強いレーザー光線だと可愛そうなので、火傷をして敷地内に立ち入ることを断念してしまうようなレベルのレーザー光線を張り巡らしておくといいでしょうね。

ちなみに最近の洋画を見ていると、パスワードを解読して電子キーシステムを打破するというような窃盗のシーンがありますが、そんな知能犯罪は所詮映画の中だけの話なのでしょうね。そんな知恵のある人間は、強盗のように捕まるリスクの高い裏稼業はとっくに卒業をして、既にIT産業の時代に見合う正当なお金儲けをしているでしょうね。振り込め詐欺についても強盗団と思想はよく似ていますね。汗水流して正当に働きたくないから、人が困ろうがお構いなしに騙すのでしょうね。